お知らせ

日本ドッグホーム協会では今 急を要する事態に陥っています

今、元気で、犬たちと楽しく素晴らしい生活をしている方に
将来、必ず訪れるであろう老後を
過ごしている方の現状

を知って欲しくて
いつか自分の身にも降りかかってくるであろう
体が動かなくなってしまうかも!
と、云う危機感を感じて欲しくて
そして、動物を心から愛し、一緒に生活していきたい
と願う方々に、今の高齢者を!
今の動物たちを、守る。助ける手助けをお願いしながら
呼びかけてきたつもりです。

が・・・・又、主旨に反して
子猫が来ました。
捨てた家の人は何にも考えず産ませて捨てたのでしょう
捨てる時、
だれか、いい人に拾ってもらってね!!
なんて、考えは止めて頂きたい。
今の時代、そうそういませんから・・・・
ただ、拾うだけの無責任も人間として
もう・・・いいかげんやめていただきたい!
無責任に拾う人は、助けてほしい時には
当たり前の顔をして「保護施設だから」
と、おいて行く。
その後に何もする気がないのなら
行政の保護施設に連れて行ってください。
何もできないなら、その場で泣いて下さい・・・
私がそうしてきたように・・・
こんな世の中に産まれて来てしまった可愛そうな子の為に
無責任な飼い主の下
産まれて来てしまった不幸を・・・
何もできない無力な自分を・・・・

そして、悲しかったぶん
できる子に力を注いであげて下さい
我が子を大切にしてあげて下さい
我が子が産んだ仔犬&子猫・・・捨てられますか?
できませんよね。
命をかけて産むんですから・・・・
産まれた子を全て飼いきる自身のない方は
避妊。去勢を、するか、
猫でもリードを離さない!
は、最低限、必要なのだと思うんです

野良の子&捨てられた
こんな猫さん達がいま100頭ほど
保護されています。
個々にケージにての飼育。
狭い。かわいそう。虐待だ!
と、さまざまなお声をいただいていますが、私には
猫自身を守る為に
ケージでの生活が虐待にあたるとは思えない。
最近は野良猫に白血病やエイズが蔓延しているし
まったく違う環境に生活してきた猫同士
同じ空間で生活したら生傷の絶えない修羅場になるのは
目に見えている・・・そう、実感しているので・・・

でも、少しでも改善を!
と考えて
3段ケージ飼育に変更この、変更自体、金銭的に厳しいんですよ・・・
実際

ママは、ボランティアとして
ずっと、この施設を見てきました。
高齢者の方の嬉しそうな顔。
我が子との再会。や、お迎え。など・・・
逆に、里子にいって、幸せな報告をもらうこと。
里帰り
といって、逞しく可愛いお顔を見せに
来てくれる。

日本ドッグホーム協会がなくなってしまったら
高齢者の方、そして、これから
歳を重ねていく方々の希望もなくなってしまう
そう、思うんです。
受け入れができなくなったらホームの機能は
一次停止状態になってしまいます
悲しい話をいっぱい・・・聞かなくてはいけなくなります

なので、助けてください
ホーム存続の為に
このページ。リンクお願いします
緊急に土地探しています!!
[PR]
by kaori_s1025 | 2005-08-07 01:46 | 日本ドッグホーム協会
<< 里親募集ページ 緊急のお知らせです >>