<   2005年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

動物と一緒に生活する事・・・パート2・・・

家族の理解・・・につては又後日、お話したいと思いますが
今迄、私には、愛する我が子同様の犬達との別れ・・・
先に逝く事を承知で生活を始めるのだから、そんな事
今更言っても・・・・どうにもならない事ですが
悲しくて、辛くて・・・寂しくて・・・・
たとえ、16歳と11ヶ月と2週間。長生きだった。苦しまなかった・・・良かったョ・・・
と、頭で理解していても、心が痛いんです。

でも、今までがそうだったから、私は今も、きっと、この子達と別れ、残され
寂しい、辛い・・思いするんだと・・・・・・
思い込んでいる。でも、
実際、逆だったら??
「最悪」だと、思ってきました。
残して私が先に死ぬ事は最悪であって、無責任でやってはいけない事。絶対に・・・・・・・

でも、現実、もしも、明日、事故で病気でいなくなるかもしれない。
確信。持てるものじゃないんですよね。私の生命も。

そう考えると、「最悪」になりかねない自分がココにいるんです。
よほど運が悪かった・・・では済まされない現実なんですよね。

パパには、くれぐれもお願いします。と、頼んであります。
が、やはり、不安・・・
愛し方が違うから。可愛いと思う気持ち。家族である気持ちは一緒でも
「犬」を、勉強してないから知らない事が多すぎる。
アレルギーの事。花粉症の事。トリ-ミングの事。ストレスの事フードの事。おやつの事。etc・・・

解ってくれる人がいたら、心強いと思います。

あなたには、いますか?
[PR]
by kaori_s1025 | 2005-04-28 01:13 | kaoriとしての思い

動物と一緒に生活すること・・・・

私は、子供の頃から動物と生活を共にしてきました。
といっても、犬との出会いは小学2年生の時でしたが、それまで、迷い込んできたインコ。
物置で子猫出産してしまった野良猫。(里親探しました)
初めてペットショップから来た文鳥。
金魚の金ちゃん。

そんな中、どうしても犬と生活したかった生活力のない私は母の知り合いのブリーダーに
お誕生日のプレゼントとしてスピッツをもらう事になっていた。
にも、関わらず、目の前に・・・捨てられたみすぼらしい・・でも可愛い子犬が
同級生に遊ばれ、高い所から何度も落とされ、前両足折れてる・・・
そんな姿に、やり切れず、つれて帰って、母に、スピッツは行き先あるけどこの子はないから、
この子が良い。と、強引に、承諾をもらったのが犬との出会いの始まりでした。

ほんとに・・・今写真見ると、きっと、他所の人はぶっ細工な犬だなあ~
って、思ったに違いない子が、私にとってはどんな立派な犬よりも可愛かったんです。
いまでも、不細工だったのかな~~?って思いながら、可愛さの方が先にたちます。

彼女が亡くなった日の事は今も忘れません。

その後、6年間。犬との生活を怖がり、でもあこがれて・・・
でも、まだ、親の保護下にいる私が自分の意思で飼える筈もなく、
幸い、理解ある両親と共にお迎えにいけた子。
女の子だから保健所に・・・と、言われて、切羽詰って
ギリギリセーフで、お迎えにいけた子は、昨年、17歳。目前に亡くなりました。

今、我が家には2頭の犬がいます。
9歳の、チビから一緒に生活してる子。と、3歳目前に日本ドッグホーム協会から譲り受けた子。

この子達は、私が経済力を身に付け、何があろうと守っていける!!
自信の元に、迎えた子でもあるのです。が、現実・・・
パパの協力なくしては実現できなかった事ででもあるのです。

子供の頃は両親の理解。
大人になってからはパパの理解。
動物との生活を楽しいものにするには、家族の理解が何より大切だと・・・
実感しています。

前置きがとっても長くなりすぎたので・・・・・
次にします。
[PR]
by kaori_s1025 | 2005-04-28 00:59 | kaoriとしての思い

ボブ

日本ドッグホーム協会
コッカーたちと一緒に来たセントバーナードのボブ。

大型犬大好きな私でも、簡単に手は出せません。
可愛いし、一緒に遊んであげたいんだけど・・
d0024564_22284268.jpg


もしも、私の不注意で、私が怪我をする事があっても、
自分自身の責任なのだけど、
ホームのスタッフに心労をかけるから・・・・
ボブに、心の傷を背負わせてしまうから・・・

もう少し仲良くなったら、遊びたいな!一緒に!!
[PR]
by kaori_s1025 | 2005-04-24 22:33 | 日本ドッグホーム協会

BBS

里親*里子BBSを設置しました

ここには里親募集の子達の紹介をしていこうと思います。
里子希望の方は、こちらに希望の旨、書いてくださっても結構ですし、
メールを下さっても結構です。

・・・日本ドッグホーム協会にとって大きな問題があります・・・
何でもかんでも、引き取ってくれると、思っている人の存在です。
そういう方にも、関わってもらう為にどのような方法が良いのか??
考えた結果、ただ、困ったからポイ捨てのように動物を捨てるのではなく、
ここのBBSを使って、自分自身も里親募集をしてもらおう。
と、思うのです。
ただし、関わるのは飼い主さんだけでなく、日本ドッグホーム協会も関わる事になります
そして、私も。

ひとりでどうにもならず、悩むより、大勢で考えればよい方法が見つかる。
そう思うのです。

ひとつ。最低限のルールは守ってください。
‘連絡取れるようにしてくださいね!!’

いたずらと、判断した時は削除します。
[PR]
by kaori_s1025 | 2005-04-24 00:39 | アシストグループ

アシストとしての里親探し・・・2・・・

里親探しと、一言でいっても
アシストとしての里親探しの方向性を考えています

まず、ドッグホーム協会の主旨である
「高齢者とペットとの共存」
という事を考え高齢者でも、安心して、ペットとの生活をしてもらえる1つの提案があります。
日本ドッグホーム協会では、こちらの活動に人手が足りないと感じた為
支部でこちらの活動の手助けをしようと考えたのです。

里子として、自分の子として一緒に生活できる自身の無い高齢者の
心の負担を少しでもへらせるであろうし・・・
ホームで暮らすより、各家庭で可愛がられ過ごす事ができる犬&猫が増えてほしい。
という願い。
若い元気な里親さんにはもちろん里子という形で終生、生活を共にしてもらう。
動物たちにとって、それは、幸せのかたちなのだから。

日本ドッグホーム協会には
「大切なお預かりしている犬&猫」
と、
「迷子や飼育放棄により、里親募集の犬&猫」
と、
「高齢の為、里子に出れない犬&猫」
がいます。

こちらでの、里親探し。は、2番目の
「迷子や飼育放棄により、里親募集の犬&猫」 に該当する子を中心に行っていく事になります。
[PR]
by kaori_s1025 | 2005-04-22 00:49 | アシストグループ

アシストとしての里親探し

先日日本ドッグホーム協会に3頭の新顔さんがきました。

主旨とは違う、飼育放棄の家から・・・・

ひど過ぎる姿
d0024564_1221568.jpg

   


その中の1頭です
毛玉をとって、シャンプーしたらとっても可愛い子。私、トリマーじゃないから散切りです。
ほんとはもっと可愛いのに・・・・・
d0024564_123282.jpg



このこと、もう1頭、毛玉まみれの子。
この子達の里親をさがしてあげないと!

もう、悲惨な生活はさせられないから。と、いう思いから興津支部
里親探しそして、里子を探してる方の橋渡しをしていこうと思います。

けれど、ネットやメールだけでは命あるこの子たちを譲る事はできません。
もらってやる。とか、珍しい犬種だから飼ってみたい。という方は
お断りさせていただきます。

つらい思いをした子は、成犬であって、仔犬なんです。
怯えます。だから、噛みます。
会ってもらって、それから・・・の話になります。
前途多難な里親探しだと思います。けれど、
犬たちに幸せになってもらうという事=飼い主はもっと幸せ
の、構図がありえるものだと、自分自身確信していますので
最低限の条件として提示させていただきます
[PR]
by kaori_s1025 | 2005-04-20 01:37 | アシストグループ

アシストグループ の 必要性

今、現在のまま、日本ドッグホーム協会を、続け、存続していくのには、無理が生じてくると思うのです。
今の施設で受け入れができる頭数は限りがあります。
いっぱいになった時点で、もう、受け入れができません。と、言う事になったら、
必要とされてる方の為の活動は、ストップしてしまいます。
その時点で、ホームにいる子の為の活動になってしまいます。
そなれば、日本ドッグホーム協会の活動が、本来の主旨から、大きく外れていく・・・
そうなってほしくはないし、今の活動を、高齢者の為に…浸透するまで維持して、みんなに理解を深めてもらう為には、何ができるだろうか・・

新施設、設立に向けた応援。これが、大切だと思うのです。

でも、新施設設立地が理解のない方ばかりの所。という訳にはいきません。
応援して下さる方がある程度、確保できなければ、不用意に、動物保護施設として、設立する訳にはいかないのでしょうから・・・・
自分の住む市に、もしも日本ドッグホーム協会があったら、
どう、思いますか?

1.ただ、単純に、ありがたいと思う
2.犬が住む事を迷惑だと思う
3・関心が無い
4.保護は求めるけど、後は知らない
5.関わっていきたいと思う

お名前も無くて結構です。
非公開でいいので、ご意見聞かせていただけたら・・・・・と思います
[PR]
by kaori_s1025 | 2005-04-18 00:36 | アシストグループ

アシストグループ

アシストグループ  興津支部・・・・
何故グループ。何故支部??と、疑問に思われるでしょう
そこのところを聞いて下さい。

日本ドッグホーム協会には、他県からもSOSがあります。
ほんとうに、せっぱつまって、どうにもならなくて
「うちの子を助けてください」という、高齢者の方・・・
スタッフは、遠くても迎えにいくのです。
正直、裕福な方は助けてくれるところがあるのでしょう。ほとんどは裕福とはいえない
高齢者の方。愛犬にせめて、何かしたくても出来ない方・・・・気持ちは
あるのだけど・・・何かしたいのに・・・今助けてもらう事しか出来ない・・・
申し訳ない・・・・でも、心からありがとう!
何にも出来なくて・・・ごめんなさい・・・・ごめんなさい・・・・ごめんなさい・・・・・・・・

こういう方の、方達の力になれる団体の内情も裕福とはかけ離れたものです。
援助のフードやおやつ。猫砂。タオル。オークション出品用品。バザー用品。
応援してくれる方々の支えがあって、今に至ります。

実際、私もドッグホームを何かの形で応援したい!と、思い、近いのでボランティアで散歩をしたり
おやつをあげたり、一緒にワン達と、ニャン達と遊んだり微々たる寄付をするだけの自分に
もう少し何か出来たらな???と
思い、考えた事が広報。
アシストグループを、このネット上で広げていきたい。
各県に、各地に、ドッグホームの思いに賛同してくれる方がいるのなら
グループの一員になって欲しいのです。
なので、これから広がる為のグループ。そして、支部。なんです!

各地で支部開設してくれたら心強い応援になります。

まだ、準備段階のことで申し訳ないのですが、グループの会員さん。
募集予定してます。
日本ドッグホーム協会の支部開設予定地候補も決りそうな話の流れです。
候補地が決れば、皆さんの意見も聞かせて戴きたいと思います。

アシストグループの輪。日本各地に広がりますように・・・
[PR]
by kaori_s1025 | 2005-04-12 17:05 | アシストグループ

アシスト支部設立までの経緯

日本ドッグホーム協会
「老人達のどうしても愛犬と別れなくてはならなくなった時の心のケアーと共に終生、その愛犬の命の終るその時まで大切にお預りする」
主旨の元、発足した団体なのです。


高齢者に動物を飼うな!と、簡単に言う方もいます。
事実、終生、飼いきる事が出来ないのなら
飼うべきではない。と、思うんですよ。私も。
でも、考えてみて下さい。高齢になり、1人で、寂しく過ごす姿を・・・・
そこに、犬が一緒に居てくれたら、外に出ようと思います。
お散歩は大切な1日のイベントですから。
側で話を聞いてるフリをしてくれる存在が居る。
頼り切った純粋な瞳が自分の事を真っ直ぐに見てる。
元気になろうと思うでしょ?この子の為にも・・・と。
そう云った方達は今もこれからも増えるでしょう。でも、何時、自分が体調崩すともしれない不安も抱きつつ、生活してるのではないかと?
と思うんです。

そもそも、高齢だから・・・若いから・・・ではなく、
何時、愛犬との生活が出来なくなるのか、誰も明日の運命を知ってる訳ではないのだから
確実な人など、いないんだから・・・・
自覚していないだけで、自分は大丈夫と、たかをくくってるだけなのだから・・・


出来る時に出来る事をやっていきたいじゃないですか?
親が飼ってるから私には関係ない。じゃなくて、家族の誰かが飼い始める事を了解したのなら、
家族みんなで関わっていかないと!!

自分の愛犬が可愛いと思うのなら、何かの形で関わっていかないと!!
いざ、自分に飼えなくなるような出来事がおきないと言い切れないのだから。
そうなった時、助けてもらえますように・・・・

動物達が可愛いと思う気持ちのある人が相互扶助の精神をもう少し発揮してくれたら
今より動物達に優しい世の中になるのだと思うのです。

いつか、自分にもやってくる、高齢という現実を、先のことでなく今として受け止めていけたら
もう少し、人に対して優しい世の中になるのだと思うのです。

そんな、気持ちから、ドッグホーム アシストグループ 興津支部は始まりました。
[PR]
by kaori_s1025 | 2005-04-12 01:44 | 日本ドッグホーム協会

はじめまして

日本ドッグホーム協会 アシストグループ 発足に伴い
ブログにて、情報発信していきたいと思います

ブログ管理人。kaoriと申します。
どうぞ、宜しくお願いしますネ。
[PR]
by kaori_s1025 | 2005-04-11 20:43 | 日本ドッグホーム協会